歯の黄ばみの原因は?

 

 

一般的に歯が黄色くなる(変色する)理由は以下が考えられています。

 

①着色・歯石の不着

【着色】色の濃い飲み物・食べ物により歯の表面に色素が沈着する現象。また、色の濃さに関係なく、ポリフェノールを含む食品や酸性度の高いものが着色の原因になる事があります。

【歯石】ブラッシングが上手く出来ていないと、プラーク(歯垢)が落としきれず、蓄積されると石灰化して歯石になります。一度歯石になってしまうとブラッシングで落とす事はできません。歯石自体が黄色みがかっているので、黄ばみのある歯に見えます。

 

②加齢

エナメル質が摩擦され、薄くなってくると内側の象牙質が透けて見えやすくなります。象牙質はもともと黄色味がかっていますが、加齢とともに色が濃くなります。

 

③虫歯・治療後の詰め物による変色

虫歯は白色、黄色、茶色、黒色と段階的に変色していきます。虫歯によって歯が黄ばんでいる場合は、表面だけでなくエナメル質部分まで虫歯が進行している状態です。更に内側にある象牙質まで浸食すると茶色、神経部迄行くと黒色になります。また、治療を受けた歯でも経年劣化により「詰め物の変色」や「金属による歯の変色」が起こります。

 

④神経が無い歯

虫歯や外部からの衝撃で神経感覚が失われた歯は、少しずつ黒く変色します。

 

⑤歯の磨きすぎ

間違ったブラッシングによりエナメル質が摩擦され、象牙質が透けて見える事により黄色く見えるようになります。粗い研磨剤が入った歯磨き粉で歯を磨いたり、圧力をかけすぎたブラッシングを繰り返す事で、エナメル質が薄くなり、黄色い象牙質が透けて歯が黄色くなってしまう事があります。

 

⑥口内乾燥

口内が乾燥すると、「洗浄効果」のある唾液の分泌が減り、本来なら防ぐことのできるステインやプラークの不着の原因となります。口呼吸・口腔乾燥症・歯並びが悪く口が閉じにくい方に見られます。

 

⑦薬品による着色

薬品の中には歯に着色しやすいものもあります。ポピドンヨードやクロルヘキシジンなどのうがい薬や液体漢方薬がそれに当たります。また、テトラサイクリン系抗生物質や一部の抗菌剤は服用する事で象牙質の黄色味を濃くする副作用が確認されています。

 

⑧遺伝病・代謝異常などによる着色

先天性ポルフィリン症、低フォスファターゼ血症、上皮小体機能亢進症、先天性梅毒、過ビリルビン血症、母親が先天性たんぱく血症、糖尿病の場合など。

 

 

以上の内、美歯口ホワイトニングで対応できるのは、①の着色です。

エナメル質の摩擦による黄ばみには、美歯口商品を使用したホームケアが有効です。エナメル質の再石灰化を促し、歯の表面の細かな傷を充てんする作用があります。

※その他の原因に対しては、歯科で歯にかぶせ物をするか過酸化水素・過酸化尿素でのホワイトニングの解決をするしか方法はありません。(但しこちらも個人差があります。)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です